MENU

モノよりありがたい現金のユニークな贈り方「マネーピザ」とクリスマスカード

スポンサーリンク

年末年始を迎えるにあたって、親戚・知人も含めて子供たちのお年玉を準備する季節になりました。

 

「現金の贈り方」」や「現金の包み方」のアイデアを調べていたときに、 サプライズ好きな人が多く、ギフトラッピングが盛んな海外サイトでお披露目されていたユニークなDIYアイデアをご紹介します。

 

 

「現金の贈り方」海外のユニークアイデア

 

f:id:soboku-kobe:20160711203148p:plain

 リンク元Bloglovin’

 

ピザの空き箱が家にあり、子供の入学祝い金にふと思いついたアイデアだそうです。お子さんの大学入学のお祝いに、現金をこんな形で贈るという楽しいアイデアです。

サラミに見立てたコインまであるなど、芸が細かいです。

 
このプレゼントに 添えられたメッセージは「ピザだけでは生きていけないのよ、生地(お金)が必要なんだから。」
"dough " の意味「生地」は、現金という意味もあり、うまく言葉をかけ合わせているところが心憎いです。

お母さんからのはなむけの言葉といったところでしょうか。
こんなインパクトあるうれしいプレゼントなら、もらったお子さんは一生涯忘れることがないのかもしれません。
 
 
どれだけキャッシュレス化が進んだ世の中でも、海外ではクリスマスや誕生日・入学祝いなどに、現金をプレゼントすることが多くあるようです。
 
モノより現金の方が結局、一番ありがたいというのは世界共通なのかもしれません?簡単ですぐ使えて、自分にとって一番必要なものが買えますから。
 
クリスマス用には、スマートでさりげない現金のプレゼントアイデアでこんなのも見つけました。
 
 
 クリスマスカードのツリーの一番下ににこんな風に現金を折りたたんで添えていますがセンスとさりげなさが素敵ですね。こちらのカードは手作りですが簡単に自分でも作れそうです。
 
お子さんだけでなく、大切な方へ現金キャッシュをプレゼントしたり、何かに節目のお祝い金は一般的にお祝儀袋に入れるものです。

市販のお祝儀袋にも趣向を凝らしたものもありますね。
 でもせっかくのお祝いとしてお金を贈るのです。
 
親子や親しい友人同士など気の張らない間柄なら、そのプレゼントのことを少し印象づけたいとき、また何かメッセージを添えたいときなどにいかがでしょうか。
 
手づくり・DIY品なら贈る人への気持ちや愛も一緒に伝わりそうです。