読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

メルカリに目移りした私が調べたヤフオクとの違い「落札手数料が実質0円?」

インターネットとブログ

スポンサーリンク

人気のメルカリとヤフオクとの違いを、高校生の我が子がメルカリをはじめたのをきっかけにざっくり調べてみました。私はヤフオクしか存在しなかった頃からのユーザーで、個人の不用品を不定期で売り買いしています。最近は時間的な関係でヤフオクとすっかりご無沙汰していました。

メルカリをしている人に聞いてみると、「送料込みで最初は高値で設定している分、値引きが当たり前で交渉がめんどくさい」「若い人が多くて民度が低い」「「安値でしか売れないのでヤフオクの方がいいよ」などという答えが返ってきました。

「出品しても思ったように売れない」というジレンマに陥るのは、どちらも共通なのかもしれません。

ヤフオクとメルカリの違い

そもそもヤフオクとメルカリの違いが何かという点を調べました。

●ユーザー数

ユーザーの数はヤフオクの方が圧倒的に多く、パソコン利用者では特に顕著です。。

f:id:soboku-kobe:20170225075238p:plain

数字でみるヤフオク!より引用

●システムと手数料

メルカリは「フリマアプリ」、ヤフオクは「オークション形式」なので売り買いのシステムが違います。これは知らない人からしてみれば、案外見落がちな点でした。

つまりメルカリは最初の価格で取引され、ヤフオクはオークション形式なので最終で思わぬ価格に上がることもあります。

メルカリの出品利用料は無料で、商品が売れた場合は10%かかります。 ヤフオクで出品するには、プレミアム会員登録(月額498円)、手数料(落札システム利用料)8.64%(フリマ出品はメルカリと同じ10%)です。

  • 注:落札のみはYahooIDがあればYahoo!プレミアム会員にならなくてもOKで、手数料はかかりません。

また最近、Yahoo!マネーという電子マネーを利用すると、ヤフオク出品の実質手数料が無料になります。(2017年3月現在)

落札代金をYahoo!マネーで受け取ると手数料実質0円キャンペーン 期間 2017年2月~ 特典 落札価格に8%を乗じたTポイントを進呈 ヤフオクの強気の値上げには、Yahoo!マネーという電子マネーの利用者を取り込む狙いがあるようです。(後述)

プレミアム会員になれば『お買いものあんしん補償』の適用があり、ヤフオク!だけではなく、Yahoo!JAPANの他のサービスも利用でき、Tポイントの優遇があります。

●取引形態

メルカリは取引をメルカリ事務局を通して行いますが、ヤフオクは個人間での直接取引です。ただし今は「取引ナビ」で住所や支払い口座など個人情報を入力しなくていいようになっています。

売れたらYahoo! JAPANが落札者から代金を受け取り、出品者に支払いをする「ヤフーかんたん決済」発送連絡をするだけですみます。

ヤフオクとメルカリどちらがいいのか

ヤフオクに慣れた身にはメルカリは正直なところ、商品画面に検索しずらいです。また独特の値下げ交渉があると聞きました。

スマホで撮影後すぐ出品できるなど気軽で便利なのですが、ざっと見たところ、写真も商品説明もアバウトな気がして、高額品は老舗のヤフオクでないと不安を感じます。

メルカリの様子はわからないのですが、ヤフオクユーザーは古くからの利用者が多く、個人間の取引だからこその一定の規律とルールを守り、お互いが気持ちよく取引できる努力をしているように思います。

スマホで気軽に単品出品するなら便利なメルカリですが、継続して出品したり、数が多いのなら手数料が実質0%になるYahoo!マネー利用でヤフオクに出品する方がお得だと思いました。

Yahoo!マネーとは

1円単位でお買い物に利用できる電子マネーです。ヤフオク!、Yahoo!ショッピング、LOHACOでのお支払いにご利用でき、1%のTポイントを獲得できます。チャージは預金払い口座またはコンビニから行えます。 ヤフオク!の売上金をYahoo!マネーにチャージすると1%のTポイントを獲得できます。ご利用で、さらに1%のTポイントを獲得できます。

注意点はこちらです。

払い出しには、払い出し金額に対し2.16%の手数料がかかります。

「ヤフオク!で出品するならYahoo!マネーで2%お得」の内容です。(公式サイトより)

ヤフオク!に出品した際の落札代金をYahoo!マネーで受け取ると、 落札代金の1%分のTポイントを獲得できます。 さらに、支払いにYahoo!マネーを利用するとTポイント1%を獲得できて、 2%分お得です。

例えばヤフオクで出品したものが10000円の落札で100ポイント、買物で100ポイントもらえるなど、ヤフオク!とYahoo!ショッピングと、LOHACOを利用する人ならメリットが大きく、落札手数料8%が実質無料になるヤフオクにたくさん出品を!ヤフオクやロハコで買物を!」こんなからくりだと受け取りました。

Yahoo!マネーで2%現金よりもお得!

結論

  • 出品数が多くないなら登録無料のメルカリ・売れたら10%落札手数料を支払う

  • 一定数を継続して出品するなら有料会員(月額498円)Yahoo!マネー利用で落札手数料8%を実質無料にする

例えば10000円で1000円の手数料と0円の違いは大きいので、ヤフープレミアム会員のメリットをいかすことに落ち着きました。

メルカリにはメルカリの良さがあるのだと思いますが、今は両方するほどの時間の余裕がなく、どっちつかずになりそうなので私はヤフオクに残ることにしました。

f:id:soboku-kobe:20170225203115j:plain

ヤフオクでの買い方

普段アマゾンなどで買物して、久しぶりにヤフオクへ行くと価格が異常に安く感じられて、すぐ入札しそうになり、ハッと我に返ります。10円単位でせめぎ合う世界なので、そこへいきなり即決価格で落札しようものなら、ブーイングが起こりそうな雰囲気です。

ユーザーはできるだけ安く、目当ての品を購入したいと思っているので、そんな落札の仕方は場を盛り下げそうです。もちろん個人的な感じ方ですが、ジワジワ攻めながら入札を続け、最終的な落札をじっくり見届けるところがあるように思います。

安く落札したいなら、直前まで入札しないのも暗黙の了解です。狙ったモノを早い時期に入札してしまうと、検索ページに表示されて目立ちライバルが増えるだけだからです。人気のアイテム以外は大抵、落札日の前後に入札が始まることが多いです。

ちなみに自分が設定した価格より下がるという、メルカリ風の値引き交渉をされたことは一度もありません。

ヤフオクで買う時のコツは特になく、「その品にお金をたくさん払うこと」=競りで一番高い値段をつけた人がゲットできる、それだけのことだと思います。ただし、「いかに安く買うか」がヤフオクの醍醐味なので、モノに見合った値段で入札するという要領を得ていなけれいけません。

私は目当ての品に、どこまでお金を支払うかの線引をして、お買い物ゲームを楽しむくらいに考えています。オンライン上で見知らぬ人と競り合うスリル感は、オークション独特ですが、入札合戦にヒートアップして感覚が麻痺することがあるので、あくまでも冷静な判断が必要だと感じています。

またモノを買う以前に「人」から買うわけなので、いくら欲しくても不安がある出品者から買うのは避けることにしています。その人物の横顔や姿勢は出品写真や説明文、これまでの評価から大体予測がつきます。

個人的には「モノがキレイかどうか」が一番気になるので、出品された写真の背景、説明の丁寧さや、ブースの他の出品一覧、評価をざっとチェックしています。

●最後に

本音を言うとめんどくさがり屋で数字に疎く、あまり細かいことは気にしないタイプです。ですがヤフオクの手数料値上げをきっかけに記事を書いたことで、色々と内容やシステムなどの再確認ができました。

実は手数料の何%が云々というよりも、大人買い(無駄買い)を何とかしないといけない位です。

今回、しばらく利用していなかったヤフオクの良さを思い出し、季節の変わり目でもあるので、断捨離ついでにまた始めることにしました。

尚この手数料実質無料キャンペーンは、いつ終了するか予測もつかないので、様子を見る必要がありそうです。

ヤフオク!出品方法などの詳細はこちら

最後までお読み下さりありがとうございました。

blog.soboku.jp

blog.soboku.jp