MENU

ドラマ「グリー」ファンへ・7/13の日にフィンの素敵な笑顔で「涙活」など

スポンサーリンク

海外ドラマ「グリー」ファンの皆さま、こんにちは。

 

7月13日のTumblrタンブラーはちょっとした騒ぎでした。

ドラマ「グリー」でのフィン役、俳優の故コーリー・モンティスの3回忌だったからです。

ドラマが始まって7年、フィンが急逝して3年、しかもドラマそのものは昨年に終わっているにも関わらず、いまだにこの反響です。

タンブラーにはたくさんのグリーに特化したファンブログが存在するなど、ファンに与えたこのドラマの影響力には計り知れないものがあります。

私は特にフィンだけが好きだったというわけではないのですが、ドラマの大ファンで英語の勉強をかねてグリーのDVDをみています。

見るにつけフィン・ハドソンの存在感を今更ながら感じますし、ほんとうに素敵な人となりなので、才能が惜しまれてなりません。彼のハスキーで少し素人っぽい歌声と笑顔には毎回グッときます。

 

今回はフィンの命日にちなんで、タンブラーでみつけたカッコいいフィンのとっておきのGIFや画像と、ドラマでの曲を動画で、ページが多少重くなるの承知の上でご紹介します。ご覧の方、重くて申し訳ないのですがしばしご辛抱を。

 

命日からずれてしまいましたが、今日このひとときをドラマ「グリー」のフィンとコーリーをしのんで「涙活」でもいかがですか。

 

コリー・モンティス

カナダ出身の俳優、歌手である。

代表作はフォックス放送のドラマ『glee/グリー』(フィン・ハドソン役)。2013年7月13日薬物中毒により31歳没

フィン役を演じる以前は歌の経験は殆どなかったが、『glee/グリー』では多くの歌を披露している。

フィンがソロで披露した"Jessie's Girl"はゴールド・ディスクをオーストラリアで記録した。

初回で登場した"Don't Stop Believin'"はオーストラリアとアメリカでゴールドとプラチナを記録している。

 

コリー・モンティス - Wikipedia

 

https://soboku-cafe.tumblr.com/post/147338106908/the-6s-trendy-gifs-follow-for-gifs

soboku-cafe.tumblr.com

 

f:id:soboku-kobe:20160715185310p:plain

https://soboku-cafe.tumblr.com/post/147337570978/nothingsgonnachangemyworld-3-years-without-your

soboku-cafe.tumblr.com

 

https://soboku-cafe.tumblr.com/post/147337347943/smokeandmirrors-r-cory-monteith-may-11-1982

soboku-cafe.tumblr.com

f:id:soboku-kobe:20160715185334p:plain

 

f:id:soboku-kobe:20160715185510p:plain

 

f:id:soboku-kobe:20160715184730p:plain

Lea Michele リア・ミッシェルの「 If You Say So 」にちなんで

 

f:id:soboku-kobe:20160715185549p:plain

二人は公私ともどもで恋人同士でした。

 

次はシーズン5の第3話のコーリー追悼エピソードでレイチェルがフィンを想って熱唱した曲です。サンタナが歌って泣き出してしまった曲はあえて紹介しません。悲しすぎるので。

原曲はボブ・ディランですが、レイチェルが歌ったのはアデルがカヴァーしたバージョン、Make you feel my loveです。

レイチェル、彼女自身が選曲しました。

youtu.be

 

「コレだ」と思える引用文も投稿されていました。

f:id:soboku-kobe:20160715185620p:plain

「彼は死んでなんかない

夜行列車に乗ってちょっと旅立っただけ」

ジャーニーのDon't Stop Believin' の歌詞にちなんだものです。

 

画像はすべてhttps://soboku-cafe.tumblr.com/ より引用

 

次はシーズン5で、フィンを追悼してグリークラブのメンバーが喪服姿で歌い上げるSeason of loveです。

途中メルセデスのゴスペル風のソロが胸に響いて泣けます。

本当に泣ける美しい名曲です。

youtu.be

 

原曲はミュージカルRentのものです。和訳付きがありました。

ご自身に照らし合わせて聴くのも悪くないかもしれません。

 

「52万5,600分という時の中には
52万5,000のどれだけのかけがえない瞬間があるのだろう
52万5,600分
君ならどう数える(測る)のだろう? この一年というものを」

 

ちなみに一年という時間を分単位で表したのが52万5,600分です。

「Measure in love 愛ではかろう

Share love 愛を分かち合おう

Give love愛を与えよう」

Spread love 愛を広めよう」

このかけがえのない天から与えられた人生に、生かされていることに感謝し、ひとのため、自分のために打算でなく、無条件の愛ではかろうと言っているような気がします。

 

さて少ししんみりしすぎたところで、最後に個人的に好きで、天国のフィンに聴いてほしい曲を選びました。

「Over the Rainbow」です。選んだ理由はグリーファンは寂しくて仕方ないけれど、きっと空のかなたでフィン役のコーリーは幸せに穏やかに笑っているような気がするからです。この曲の点にふ~っと昇華していきそうな牧歌的なメロディをフィンに捧げて・・・。

 

これはシーズン1の最終話でシュー先生がパックと一緒に、ウクレレで歌った曲です。

原曲は故イズラエル・カマカヴィヴォオレ(通称イズ)のハワイアンアレンジカヴァーです。彼はハワイの国民的シンガーでしたが、お葬式の時この曲が使われて、切ない印象と重なったので選んだということもあります。

 

コーリーはこの世にはもういないけれど、フィンは私たちの胸にグリーとともにずっと生き続けています。フィン、コーリーありがとう。

 

Over the Rainbow

youtu.be

 

Somewhere over the rainbow
Way up high
Where the land I dream of
Once in a lullaby

虹の向こうのどこかで 

遠い空の上

子守唄の中で昔

僕が夢見た場所

 

Oh, somewhere over the rainbow
Skys are blue
And the dreams that you dare to
Dreams really do come true

虹の向こうのどこか
空は果てしなく青い
君が夢にまで見た夢の数々
そんな夢がホントに叶うんだ

 

Someday I’ll wish upon a star and wake up
where the clouds are far behind….me
Where trouble melts like lemon drops
High above the chimney tops
That’s where you’ll find me

いつか僕は星に願いをかけて目覚める
はるか向こうに雲が見える大きな空で
そこでは心配事はレモンドロップみたいに溶けてしまう
煙突のてっぺんの空高く
そこは君は僕を見つける場所

 

Oh, Somewhere over the rainbow
Blue birds fly
Birds fly over the rainbou
Why oh why can’t I?

虹の向こうのどこかで
青い鳥が飛んでる

君が熱く願ったあの夢を
なぜ僕が叶えられないなんてと思うの

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

 

グリーファンとしてこんな記事も書いてます。