読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ヤフオク!落札率アップと高評価のために私が実践している5つのポイント

生活のライフハック インターネットとブログ

不用品をヤフーオークションで出品する際は、手間ひまかけた分だけ、自分のブースを閑古鳥状態にすることなく、できるだけ効率よく完売したいものです。

ヤフオクと長く付き合ってきた自分の経験上と、これまで取引した人から学んだ落札率をアップする方法と高評価をキープするためのポイントをまとめました。

f:id:soboku-kobe:20170225203014j:plain

メルカリに目移り?

メルカリは、簡単な登録でスマホで気軽に出品できるので大人気ですね。メルカリでは売れた時の手数料が10%なのに対して、ヤフオクで出品するにはプレミアム会員登録(月額498円)と手数料(落札システム利用料)8.64%(3%値上げ後)が必要です。

以前ほどヤフオクに出品しなくなった最近、メルカリに移ろうかと考えましたが、プレミアム会員のメリットで手数料が実質0%になる方法があると知って、思いとどまったところです。

ユーザー数が一番多く、出品での機能やオプションの選択肢が豊富で、オークション形式で思わぬ価格がつくこともあるなど、ヤフオクならではの良さを優先しました。

メルカリとヤフオクの違いの詳しいことについては別記事に書きました。

落札率アップのための5つのポイント

出品する際は、自分が買う時どんな点をチェエクするか、自分がしてもらいたいことは何かを意識すると、上手に情報を伝えられて、スムーズで気持の良い取引ができます。

ヤフオクはユーザー数が多い分、出品数は個人からプロまで膨大です。出したら必ず売れるというわけではないので、ちょっとした対策があればより落札率がアップします。

高級ブランド品はリサイクルショップに売るより、ヤフオクなより高値で売れます。大きいルイビィトンバッグを出品した時は、自分のオークション史上最高のウォッチ数がありました。その時は通常なら売れにくい出品物も自分のブースが賑わった効果ですべて高値で売れました。

このように一つでも、人気がある集客力のあるアイテムと同時出品すると売れやすい傾向があります。ちなみにブランド物には落札する側もシビアなので、購入店のレシートや、ギャランティーカード、布袋があればさらに高値が付きやすくなります。

以下自己流も含め、要点を記しました。

f:id:soboku-kobe:20170305164854j:plain:w400

カーテン出品時の写真・素材アップと使用イメージを1枚にした写真

①商品説明は丁寧さと言い方一つ

●商品説明はオークションテンプレート(外部サイト)を使って状態やサイズを正確・丁寧・簡潔に書く

●タイトルには検索されやすい単語と必要な事項をできるだけ盛り込む (商品名・ブランド・型番や色・サイズ・売り文句・中古・新品等)

●出品中質問されることがないほどポイントを全て列記 (いつどこで買ったか・サイズ・状態や傷汚れのダメージ・送料・配送方法など)

●好印象フレーズを多用

「タバコ・ペットなしの環境で大切に保管していました」「ホームクリーニング済み」など清潔感と状態の良さ、チェック済みであることをアピール

● ダメージの説明:言い回し一つで印象が変わるので肯定的な側面を後に書く

「それなりの使用感がありますが、目立つダメージはありません」

「目立つダメージはありませんが、それなりの使用感があります」

●説明書・箱・付属品をできるだけ添える

●柔らかめの言い回しでクレーム防止

「中古品にご理解のある方のご入札をお待ちしています」

「ノークレーム・ノーリターンでお願いします」

②千の言葉より一枚の写真

●出品では写真が重要・正面だけでなく様々な角度から撮影(靴は靴底まで)素材やブランドタグのアップ写真があればなお良し

●背景の基本は白でフラッシュなし・自然光で撮影

f:id:soboku-kobe:20170305164530j:plain:w450

●使用時やサイズをイメージしてもらうために関連する小物で演出(上の画像) (服ならアクセサリーでコーディネートするなど「小物はイメージで商品には含まれません」と添える)

●写真は上限の3枚をアップ・安心して入札してもらうためダメージ部分を必ず撮影

●写真ははっきりキレイに写っているものを使用・できれば補正・加工する

私は3枚以上アップしたい時などソフトを使うこともあります。高額なPhotoShopでなくても、機能満載で低価格の写真編集ソフトが下記です。ブログやWEBページ広い範囲で役立ち、長年使用しています。

コーレル Corel PaintShop Pro X9

コーレル Corel PaintShop Pro X9

尚、ヤフオクで4枚以上無料で掲載できるヤフーボックスもあります。

実は写真が良く撮れすぎると実物以上の値段がつく時があり、正直焦ります。そんなときは申し訳なく感じて何かオマケをつけていますが、余計な気をまわさなくてすむような「それなり」のレベルを目指しています。

家電やパソコン・ソフトなどの誰もが知っているアイテムなら、写真がイマイチでも大丈夫です。ただ皆がよく知らない洋服や小物などは出品数が多く、いくらモノが良くても写真が悪いとさっぱり反応がないので撮影技術があるに越したことはありません。スマホ撮影でも最低限の補正はします。

③価格と出品設定の傾向と対策

●出品前に相場をチェックして開始価格を設定・売れる見込みのない場合は時間のムダなので出品しない

●できるだけ関連する商品を同時出品・最低一点は人気アイテムを入れて「呼び水」にする (その他の出品を見る人は意外に多いのでブースが賑わう)

●売れそうなモノはできるだけ安値で出品・不安があるモノは希望価格で出品・あとは相場にまかせる (100円スタートは売れる自信のあるものにだけ・マイナーな商品は希望価格で出品)

●ファッションアイテムや季節家電はタイミングが大切・シーズン中や前後が売れやすい (考えることは皆同じで自分の感覚で例えば「コートがそろそろいる」と感じたらその時期)

●落札日と時間を一番閲覧数の多い土日の午後11~12時に設定

(時期は月末・月初、ボーナス時前後がベスト・真夏や真冬の最中と連休前後は売れにくい)

●ダラダラ出品より期間限定出品(常時出品はなぜか売れにくい・一度出品すると目垢がつくのか二週目からはグンと閲覧数が落ちるので一週目で売り切る)

④送料設定と発送には全力を注ぐ

●発送と連絡は迅速丁寧に行う・土日をはさむ時は発送予定日を連絡

●買う側の身になって一番安く良心的な発送方法と送料を設定・ゆうパックなら持ち込み割引(-120円)すると書く

送料はアイテム別に調べられる下記が便利です。

special.auctions.yahoo.co.jp

f:id:soboku-kobe:20170311161934j:plain:w400

梱包グッズを常備・ヤフオクではリサイクル資材利用が多い・ 紙よりビニールのショップ袋が軽量で防水対策になるのでおすすめ(裏返して無地にして使用する)

●梱包はクリスタルパックという透明なラッピング袋に入れて見栄え良く・さらにショップ袋に入れの二重で防水破損対策・商品によってプチプチを使う

●梱包前に出品物を再チェック

●梱包は中古品ならリサイクル資材利用・新品なら新しい包装紙や封筒と使い分ける

f:id:soboku-kobe:20170313104157p:plain:w200

●普段からヤフオク用にDMの宛名を切り抜いておき、送り主の宛名として使用・上から透明ビニールテープでパウチ (数が多いと手間がかかる宛名書きの時短になる)

●薄めの服や小物はクリックポストを利用 (164円で長辺34以下・短辺25以下・厚さ3CM・重量1キロまでの荷物が追跡番号付で送れるのでおすすめ・YahooIDを持つことが条件)

f:id:soboku-kobe:20170311161411j:plain:w400

高さが変えられるタトウ式段ボールは便利・下はクリスタルパック(100均)

⑤高評価は基本ができていると自然につく

●迅速で丁寧な取引連絡と入金手続きは基本「気持ちの良い取引」を目指す

●できるだけ「ノー」といわない対応を心がける (切手払い等のどんな細かな要望や質問にもOKする)

●品が届いた時のワクワク感をイメージして梱包はできるだけ小ギレイに

f:id:soboku-kobe:20170313104403p:plain:w300

●送り状を添えて「万が一、お気づきの点があればお知らせ願います」記す (◯◯様と手書き・オマケをつけることもある)

●評価に関しては人それぞれ事情があるので強制しない(相手がこちらに評価を入れない場合はこちらもしない)

●相手の立場で物を考えてマナーとルールを守る(顔の見えない相手とのやり取りだからこそ必要)

●メッセージを機会的になりがちな取引ナビに一言添える

「取引ナビ」で連絡も簡素化されたので、相手の思いが見えないことも多いのですが、私は備考欄に「ご入金ありがとうございました。」などメッセージを入れるようにしています。「すごく気に入りました、大切に使います。」「届くのを楽しみにしています」の一言が取引の潤滑油になることもあります。

おかげさまでこれまでの評価に曇りはありません。また出品時には落札者とちょっとした交流があるのも楽しみの一つです。ついこの間も「あなたは最高の出品者です!」と評価をもらいました。こんな時はヤフオクをやってよかったとうれしくなります。

アナログだからヤフオク!は面白い

ヤフオクの具体的な出品方法など、細かなポイントを書くとキリがないので今回は省略しました。

長々と書きましたが、出品は完璧にいくことばかりではありません。自分のテンションや、その時の運のようなものがあるからです。逆に売れすぎて悲鳴という時もあります。

時間の都合で写真撮影がおろそかになることもあり、そんな時は売れ行きは芳しくありません。

マイルールとしては、仮に安価で落札されても相手に喜んでもらえるだけで「やった甲斐あり」と割り切ることです。自分が買う側になった時、できるだけ安くいいモノが落札できたらうれしいからです。

落札金額に一喜一憂せず、必要以上に期待せず、相手に喜んでもらえることに集中すると気もラクで、オークションを楽しむことができると思います。

実際、一連の作業はかなりアナログで手間ひまがかかります。ですが時間をかけた分に見合った成果があり、ネット上で誰かと「つながり」や「縁」を持てることもヤフオクの醍醐味だと思います。

これまでのヤフオク歴で心が通じ合った人のことは、ずっと心に残っています。 送料の高いソファを買った際、ついでがあるからと家まで運んでもらったことがあります。そのときは高速代だけお支払しました。

少し前から私は「チャリテイ出品」を利用するようにしています。売上の10%、もしくは全額が慈善団体に寄付される仕組みですが、このようにヤフオクには様々な機能とオプションがあり、このような形で何かの役に立てるのはありがたいと思います。

不用品の売り買いを通じて人との交流ができるヤフーオークションは買う側にとっても掘り出し物がたくさんあります。

自分にとっての不用品が誰かの欲しいもにに様変わりするのはうれしいし、思わぬ値がついて別の何かを買うこともあります。

片付けもできてモノを手放す罪悪感も解消するので、断捨離ついでに出品してみても決して損はないと思います。

ヤフオク!出品方法などの詳細はこちら

最後までお読み下さりありがとうございました。

blog.soboku.jp

blog.soboku.jp